クマノザクラ
世界で唯一古座川町にしか
存在しない、
貴重なクマノザクラ
[池野山のタイプ木]

[池野山のタイプ木]はクマノザクラのシンボルであり、
古座川町にしか存在しない貴重なクマノザクラ。

国内で約100年ぶりに新種と認定された桜「クマノザクラ」。このクマノザクラを、新種と特定する論文を発表する際、標本が採取された木が、古座川町池野山の国道227号線沿いに自生する1本のクマノザクラ、現在の[池野山のタイプ木]になります。

山奥で隠れるようにひっそりと咲いていた訳ではなく、古座川町の街の中で当たり前のように咲いていた、他より少し早く開花する桜が、約100年ぶりの新種の桜「クマノザクラ」でした。世紀の発見にも驚かされますが、発見時のこういったエピソードも、悠久の自然と共生する古座川町の所以を、深く感じさせてくれます。

また、古座川町ではクマノザクラを町の花に認定しています。

クマノザクラの特徴
開花時期

古座川町のクマノザクラは3月中旬頃に満開を迎えることが多く、町内のソメイヨシノに比べ2~3週間早いのが特徴です。

花びら

花の色はうっすらとしたピンク色で、先端が濃い目のピンク色になっているのが特徴です。 また、花が咲く時に葉が出ないため、きれいなピンク色の花が目立ち、観賞用にも適している桜になります。

[池野山のタイプ木]の看板は、古座川町にある高池小学校の
2019年度卒業生が卒業制作として作ってくれました。

[池野山のタイプ木]までの案内板も制作。
案内板の素材は長年使っていた机の廃材を再利用しています。

駐車場所の虫喰岩からタイプ木までの徒歩の道のり(約800m)に、道中3箇所[案内板]を設置しています。机の廃材を利用した案内板の素材もさることながら、子供達が考えたユニークな看板表記は、タイプ木までの道のりを楽しませてくれます。

その他のクマノザクラ
クマノザクラ 全体MAP

クマノザクラ全体MAP

→ More View

古座川町のクマノザクラ発見までの経緯

新種のクマノザクラ
発見までの経緯

coming soon

古座川町を楽しむ

SNS公式アカウントにて最新情報発信中

pageTop