アイコン画像観る

直見のハッチョウトンボ
[古座川町指定の天然記念物]

ぬくみのはっちょうとんぼ

古座川町直見地区大谷湿田に世界で最も小さいトンボの一種[ハッチョウトンボ]が生息しています。1992年に直見地区の休耕田で確認され、古座川町が保全のために湿田を買い取りました。それ以降、直見区民や住民団体が冬場の草刈りなどをして保護活動を行っています。近年ではハッチョウトンボの生息に適した湿地が少なくなり、全国的には減少傾向にあります。

古座川町では、2001年から町の天然記念物に指定。和歌山県では準絶滅危惧種に指定されています。

直見のハッチョウトンボ

世界最小のトンボ

ハッチョウトンボの大きさは成虫で約2センチ。 雄はオレンジ色から赤色へと変わり、 雌は黒と黄色のまだら模様をしています。
直見の大谷湿田では、5月後半から6月にかけて羽化し、 7月下旬ごろまで確認することができます。

直見のハッチョウトンボ大谷湿田の画像

注意事項

  • 網から中(湿田)には入らないで下さい。
  • ルールを守って観察・撮影を行って下さい。

大谷湿田までの道順について

明神橋方面から

大谷湿田への道順画像
大谷湿田への道順画像
大谷湿田への道順画像

周辺施設のご案内

明神の潜水橋の画像

明神の潜水橋

大谷湿田から2.6km
車で約5分

南紀月の瀬温泉ぼたん荘の画像

南紀月の瀬温泉ぼたん荘

大谷湿田から3.7km
車で約5分

中津谷の滝の画像

中津谷の滝(駐車場)

大谷湿田から4.6km
車で約10分

直見のハッチョウトンボ

住所
和歌山県東牟婁郡古座川町直見

所要時間
紀伊本線:古座駅 から車で15分

駐車場
普通車:2台

電波状況
Docomo、Au、Softbankともに繋がります。

大谷湿田 駐車場所

大谷湿田 入り口


大谷湿田 駐車場所

大谷湿田 入り口

合わせて読みたい記事

おすすめ情報

古座川町を楽しむ

SNS公式アカウントにて最新情報発信中

pageTop